美肌

年齢の影響で減少するコラーゲン

人間は誰しも歳を重ねていきます。
加齢と同時に失う成分も多く、失っていく過程で病気や体調の変化に悩まされることもしばしばです。
この失っていく成分の中には、肌や髪のハリなどに需要な働きをしている「コラーゲン」もあります。

コラーゲンは本来人間の身体に持っている成分です。
しかし30歳ごろから減少に入り、どんどん少なくなっていくことがわかっています。
コラーゲンによって維持している人間の部位はとても多く、骨を強固にしているのもこの成分だということは、あまり知られていません。

年齢による減少は仕方のないことですから、大切なのは補充していくことです。
補充を行わずに減少していくと、骨粗しょう症や、髪の毛のハリやコシの減少などに影響します。
ではしっかり補充を行うにはどうすればよいのでしょうか。

それは食事やサプリメントで意識して補うということです。
1日に2グラムから5グラムほどを摂取出来ていればよいので、美味しい食事や食事だけでは難しい場合は、なるべくサプリメントで補うことが大切です。
しっかり補うことで老化を防ぐアンチエイジング効果もあるので、美容と健康の維持のためにも摂取を心掛けましょう。
実年齢と見た目の違いは、こうした点から差がつくものなのです。
すっぽんにもコラーゲンが豊富です。ぜひ参考にしましょう。

Menu